「ここ育てカフェ」〜『個』別に『子』育ての話聴きます〜

「ここ育てカフェ」〜『個』別に『子』育ての話聴きます〜

 昨年まで、矢切幼稚園ではお母さんたちが集まって、お茶を飲みながらおしゃべりする「子育てカフェ」を月1回開いていました。子育ての悩みや困ったことを、時に真剣に、時に大笑いしながらおしゃべりをすることが、お母さんたちのリフレッシュや「荷下ろし」の時間になっていました。子どもたちの健やかな成長には、まず私たち大人が健康でいることが大切です。寝不足や体調不良のとき、ゆとりを持って子どもの話を聴くことは、なんと難しいことでしょう!親が心配事や不安をたくさん持っていると、隠そうとしても子どもには伝わっているもの。悩んでいることを少しずつ解消していくことが、子どもたちの成長とともに私たちも成長にもなります。
 今年は、人の集まりの「密を避ける」状況なので、園に集まるということを控えています。そのかわりに、「ここ育てカフェ」ということで、『個』別にその『子』の話を、「密」にお話する場にしたいと思います。毎日の送迎のときに、担任や補佐とお話をする機会もあるかと思いますが、そこでは相談しきれないことや、個別に聞いてほしいことなど、少しゆっくりお話しませんか?道端での立ち話くらい気軽な感じで、おしゃべりできればと思っています。
 在園の保護者だけでなく、地域の子育て中の方もお待ちしています。

<概要>
◆毎週水曜日 A: 9:30〜、B: 10:30〜、C: 11:30〜 毎回大体30分程度の時間
 <電話またはメールで事前予約してください
◇お茶とお菓子あります。その日、居心地のよい場所を見つけて、キャンプチェアーに座っておしゃべりしましょう。
◆子連れでの参加も歓迎です
◇無料です(松戸市の子育て支援の助成事業として実施しています)

<開催日>
1学期:7/1, 8,15, 22, 29
2学期: 未定
3学期: 未定

<担当>

藤樫 純子(ふじかしじゅんこ)

 7月3日誕生日。70歳になります。(なりました。)
70歳は、喜寿というおめでたーい年齢だそうで、この年齢で子どもたちに囲まれて元気で過ごせることは、喜びと感謝の毎日です。
 幼稚園の先生となり、5年間勤めた後、子育てと主婦(?)をタップリ楽しみ、啓太、亮二という息子2人がしっかり(?)育ったであろう頃、矢切幼稚園に勤務。50歳でした。
 児童精神科医であり、「子どもへのまなざし」の著者、佐々木正美先生に出会い、子どもの育ちを学び直す機会もありました。あたたかい子育てに共感し、お母さんたちに「大丈夫!こうしてみたら・・・?」など、矢切幼稚園でも話をたくさんしてきました。年月が流れ、おばあちゃんになりましたが、お母さんたちとのお話、相談、何でも聞いて役に立てたらいいなと思っています。

藤樫 亮二(ふじかしりょうじ)

矢切幼稚園に来て8年目。専門は幼児教育ではなく、体験教育。幼稚園では、事務・カメラマン・ホームページ・子育て支援・夏みかんなどを担当。それ以外にも、大学で体育(健康について、チームビルディングなど)を教えたり、プロジェクトアドベンチャーという手法を使って学校、企業、保育士の研修(あそびを通した学びの場)などをしています。子どもの主体性を育む「親業(Parent Effectiveness Training)」の上級講座修了、マインドフルネス指導者の資格あり。5歳と3歳の子育て中で、お弁当を作ったり、おねしょパンツを洗濯したりの日々。得意なおかずは卵焼き。性格の違う男子二人に、子どもの気質や発達のことを学びながら、妻と葛藤しながら楽しく子育て中。子育てカフェのマスターとして、手焙煎コーヒーにはまっています。ゆったりと人の話を聴くのが好きです。