「ここ育てカフェ」& オンライン子育てカフェ

「ここ育てカフェ」& オンライン子育てカフェ

 子育ての悩みは、誰かに聴いてもらっただけで、半分くらい解決する

 子どもたちの健やかな成長には、まず私たち大人が健康でいることが大切です。
寝不足や体調不良のとき、悩みやストレスを抱えているときに子どもの話を聴くことは、なんと難しいことでしょう!
親が心配事や不安をたくさん持っていると、隠そうとしても子どもには伝わっているものです。

 矢切幼稚園ではお母さんたちが集まって、お茶を飲みながらおしゃべりする「子育てカフェ」を月1回開いていました。子育ての悩みや困ったことを、時に真剣に、時に大笑いしながらおしゃべりをすることが、お母さんたちのリフレッシュや「荷下ろし」の時間になっていました。

 一昨年からは、「密を避ける」ということで、園に集まるのを控えています。
そのかわりに、「ここ育てカフェ」ということで、1対1の『個』別で、その『子』の話を、聴く時間を作ってきました。
毎日の送迎のときに、クラス担任と話をする機会もあるかと思いますが、そこでは相談しきれないことや、個別に聞いてほしいことなど、少しゆっくりお話してみませんか?
道端での立ち話くらい気軽な感じで、おしゃべりできればと思っています。
 在園の保護者だけでなく、地域の子育て中の方も、ぜひいらしてください。

 また、月1回はテーマを決めてのオンライン子育てカフェを開催します。
人数が少なければ、みなさんとおしゃべりすることもできるかもしれませんが、座談会のときはそのテーマについて担当がお話をして、みなさんからの質問やコメントをもらいながら進行します。
自宅から、スマホやタブレット、パソコンから気軽に参加していただければと思います。
カメラオフでの、「聞くだけ参加」も大歓迎です。

<オンラインカフェ> 9:45〜10:45 
5/12「子どもの話を聴くときに大切にしたいこと」りょうじ先生 <記録はこちら
6/2「子どもの話を聞いてあげていますか?」じゅんこ先生 <記録はこちら
7/7「子どものカラダと運動発達〜ウチの子の運動発達プログラムを3ヶ月やってみて」りょうじ先生
9/8「子どものけんか、どうしてる?」じゅんこ先生
10/13「子どもの褒め方、叱り方」りょうじ先生
11/10「子どもと食事〜好き嫌い、偏食、食べるのが遅い、でも大丈夫!」じゅんこ先生
12/1「子どもの自主性を育てる〜親業(Parenting Effectiveness Training)の視点から」りょうじ先生
1/12「テーマ募集中」
2/2「テーマ募集中」
3/2「テーマ募集中」

<ここ育てカフェ>(1対1のおしゃべり会)
水曜日 ①9:30〜 ②11:00〜 各回30分程度の時間
<電話またはメールで事前予約してください。在園の方は、登降園時に直接声をかけてください>
◇地域の方もご参加いただけます(子連れでの参加も歓迎)
◆無料(松戸市の子育て支援の助成事業として実施しています)

1学期:5/19、5/26、6/9、6/16、6/23、6/30、7/14
2学期:9/15、9/22、9/29、10/20、11/17、11/24、12/8、12/15
3学期:1/19、1/26、2/9、2/16、3/9


<担当>

藤樫 純子(ふじかしじゅんこ)

 7月3日誕生日。71歳になります。この年齢で子どもたちに囲まれて元気で過ごせることは、喜びと感謝の毎日です。
 幼稚園の先生となり、5年間勤めた後、子育てと主婦(?)をタップリ楽しみ、啓太、亮二という息子2人がしっかり(?)育ったであろう頃、矢切幼稚園に勤務。50歳でした。
 児童精神科医であり、「子どもへのまなざし」の著者、佐々木正美先生に出会い、子どもの育ちを学び直す機会もありました。あたたかい子育てに共感し、お母さんたちに「大丈夫!こうしてみたら・・・?」など、矢切幼稚園でも話をたくさんしてきました。年月が流れ、おばあちゃんになりましたが、お母さんたちとのお話、相談、何でも聞いて役に立てたらいいなと思っています。

藤樫 亮二(ふじかしりょうじ)

 矢切幼稚園に来て10年目。幼稚園では、事務・カメラマン・IT&ホームページ・子育て支援・夏みかん、屋根掃除などを担当。週3勤務で、子どもたちからは「きのう、やすみだったね」と言われている日は、大学で体育(健康について、チームビルディングなど)を教えたり、プロジェクトアドベンチャーという手法を使って学校、企業、保育士の研修など、遊びから学ぶ場づくりをしています。。
 子どもの主体性を育む「親業(Parent Effectiveness Training)」の上級講座修了、マインドフルネス指導者の資格あり。昨年は、発達の凸凹のある長男の運動発達プログラムに家族で3ヶ月取り組みました。家庭で親子でふれあい遊びをすることで、子どもの発達を促進するということに今一番興味があります。6歳と4歳の子育て中で、お弁当を作ったり、おねしょパンツを洗濯したりの日々。得意なおかずは卵焼き。性格のまったく違う男子二人に、子どもの気質や発達のことを学びながら、妻と葛藤しながら子育て中。最近のブームは、自家焙煎コーヒーと、生木から作るカップやスプーン作り。ゆったりと人の話を聴くのが好きです。