めばえバックナンバー

Category
サマーキャンプの食事(2019年7月号)

サマーキャンプの食事(2019年7月号)

 年長が、園内に泊まるようになって5年目。毎年、少しずつプログラムを改善して計画、準備し、今年も子どもに無理のない充実した内容でした。食事はキャンプの中でも大切な時間で、おいしく楽しく食べることをいつも心がけています。 「カレーライス作り」は、グループ毎に何を入れるか事前に相談をし、リュックをしょってスーパーへ。お米、...
「めばえ」700号 (2019年6月号)

「めばえ」700号 (2019年6月号)

1960年の創立の年に月報「めばえ」1号が出て、今回は記念すべき700号になりました。私は1983年から、この巻頭言(コラム欄)を担当し、36年間で約400回以上を書き続けています。「内容が無いよう」と思うこともありありますが、自分では「すごい」と自画自賛しています。 10年前、創立50周年の時、「園長からの60のメッ...
アフリカの子育て (2019年5月号)

アフリカの子育て (2019年5月号)

来る5月15日(水)、幼稚園の「子育て講演会」でお話をして下さる相原功志さんは、元医師で、世界40カ国を歩いて旅行し、アフリカのケニアで出会った女性と結婚して、その地に「キラキラ保育園」を作りました。創設当初から、幼稚園では、毎年クリスマス献金を送金し、支援を続けて15年目になります。数年前からは、小学校建設も始まり、...
おもちつき

おもちつき

恒例の幼稚園のおもちつきは、衛生面で細心の注意をはらい、クラス毎に子ども用の臼を囲んで、「よいしょ~」と元気な掛け声をかけ、全部で6升をつきました。始めに、蒸したての熱い「もち米」を先生から一口ずつ手に乗せてもらい味わってみました。「おもちの味がする」「おもちのにおいがする」と白米との違いを実感。それから子ども用の杵で...
想定外は新しい出発

想定外は新しい出発

59回目の卒園式で、52名が卒園し、昭和35年(1960)から卒園生の総数は4990人となります。今年、在園児のお父さん、お母さんの中で卒園生が24名もいます。そのおじいちゃん、おばあちゃんの2名も卒園生で、感無量です。                                   私の父は60年前、矢切幼稚園を...
1月の保育(平成31年1月)

1月の保育(平成31年1月)

3学期は、進学進級に向けて大切な学期です。寒くても、元気に外で遊び、気力と体力をつける子どもたちであってほしいと思います。雪が降ったら雪遊びも楽しみですね。恒例の「郵便ごっこ」は、幼稚園特性のハガキを、友達に出したりもらったり・・・。クラスを超えての交流も広がります。年長の当番が郵便屋さんになって、ハガキを回収し、スタ...
サンタクロースとは(平成30年12月)

サンタクロースとは(平成30年12月)

いよいよ12月。今年も子どもたちはプレゼントをもってきてくれるサンタクロースを楽しみに待っています。さて、サンタの起源については、4世紀、小アジア(現在のトルコ)に実在した聖人、聖ニコラウスがモデルといわれています。不幸な人々を助けるために様々な奇蹟を起こし、貧困のために身売りをしようとした娘の家の煙突へ金貨を投げ入れ...
オープン・ルーム(平成30年11月)

オープン・ルーム(平成30年11月)

金曜日のプレ保育「ことり組」が終わった後、月1~2回、12時30分より1時間、ルームを開放し、1~2歳児が母親と一緒におもちゃで遊んだり、母親同士がゆったりと、おしゃべりできる場として「オープン・ルーム」を11月より始めることにします。 在園児の弟妹はもちろん、現プレ保育の2歳児や、全く初めての方も気楽にルームで過ごし...
被災地への支援(平成30年10月)

被災地への支援(平成30年10月)

幼稚園では、毎年12月に「クリスマス献金」として、世界の恵まれない子どもたちのために送金を30年以上続けています。また、今まで、スマトラ沖地震(2005)、新潟中越沖地震(2007)、中国地震(2008)、スマトラ地震(2009)、東日本大震災(2011)、熊本地震(2016)など、緊急の募金活動にも協力してきました。...
延長保育(平成30年9月)

延長保育(平成30年9月)

働く母親がここ数年に増加し、保育園や預かり保育時間の長い幼稚園に入園する子が増えたことなどで、本園の園児数は減少傾向にあり、園長は少しあせっています。保育後、2時間の延長保育(きりん組)を始めて13年目になります。これは理由を問わず、いつでも延長ができ、1学期は一日平均20名もありました。また早登園は8時からいつでも受...